自分たちだけのこだわり設計

遽蜴溷キ・蜍吝コ誉banner_02-02

IMGP3415
こんにちは、篠原工務店の髙島です。

このページでは、篠原工務店の設計に対するこだわり・考え方をご紹介したいと思います。

是非とも最後までお読みいただければ幸いです。

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


日本古来の木造建築を建て続ける篠原工務店ですが、そのスタイルはさまざまです。

BON_0249

伝統的な数寄屋造りの家、大屋根が目を引く二世帯の家、モダンな欧風の家など、

お客さまのお好みや暮らし方に合わせて、
1軒1軒オーダーメイドでデザインしています。

例えば、小さなお子さまがいるご家庭で、
「忍者屋敷のような家にしたい」という
ご要望がありました。


担当者があれこれ試行錯誤した結果、
隠し部屋のある面白いプランが実現し、
お子さまも大喜びでした。





そろそろ家を建て替えたいとお考えの方、これからはじめて家を建てる方、
それぞれの方にぴったりの、篠原工務店でしか実現できない、
お客さまそれぞれのこだわりの家をご提案します。

 

① お客さまの「こだわり」を大切にしています


篠原工務店で設計することにおいて、もっとも大切にしていること…
それは、ヒアリングシートを活用してのお客さまからの聞き取りです。

なぜかと言うと、そもそも、お客さまご自身の、間取りやイメージ、趣味、こだわり、
生活パターン等々があるはずです。まず、そこお聞きしてからの提案となります。


そして「お客様さまにとってのベストプラン」を作るために、
私たち篠原工務店は、お客さまも気づいていない…

7-4「新しい家でしたいこと」
「新生活のイメージ」
「思いもつかなかったご希望」

に、気付いて頂けるようなご提案を心掛け、スタッフ一同プランを作成させて頂いてます。


また当然のことですが、建築・住まいのプロの立場から、
使いやすい間取り、構造、デザイン等を踏まえた上での、ご提案をさせて頂いてます。

 


② 営業担当=「設計&現場監理」と言う考え方


「営業は建築のプロしかできない」

篠原工務店の営業の多くが、1級建築士の資格を持っています。

そのため、最初のお打合わせから、設計プランのご提案まで、
一人の担当者が責任を持ってご対応させて頂きます。


一連の業務を一括で行うメリットとしては…

・設計が出来るので、お客さまからの質問に即答でき、結果、時間のロスが少なく対応できる
・構造体がわかるので、細かい間取りに対応でき、かつ地震に強い建物をご提案できる


photo-6このように、営業としてお客さまのご要望を伺いつつ、建築士として設計する側の意見もきちんと取り入れて、うまくまとめることができます。


結果として、お客さまの満足度が高い家づくりを実現させます。

 


③ ベストプランを生みだすため


篠原工務店では、初回のプランづくりに於いてルールを設けています。


DSC_0143「初回プランは、異なる切り口で
 2プラン以上つくること」



例えば、1つはお客さまのご要望に忠実な提案、もう1つはプロとしての提案です。
また、ご提案する全てのプランは、社内スタッフ3名(営業・設計・工務)のプロ目線・違う視点からチェックを必ず行っています。


廊下・階段巾広め、ベランダの位置、上下階の柱の位置、動線、納まり、
法規上の確認、使いやすさ、デザイン、外観等々、多岐にわたってチェックし、
はじめてお客さまのお手元に渡るのです。

 

④ じっくり時間をかけて、何度でも納得できるまで…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「住んでから後悔したくない…」
「毎日が楽しくなるようなマイホームがいい」
「帰ってくると、癒されるような住まいに…」
「使い勝手が良くて、お友達に自慢できる家が欲しい!」
「何より、家族みんなが安心できる住まいがいいね」


お客さまそれぞれ、ご希望、想いは違います。


お客さまにとってのベストプランをつくるため、篠原工務店では、時間を掛けて頂くこと、考えて頂くこと、何度でもお客さまが「これだね!」と、納得するまでプランを出し続けることをお約束致します。


最後に、篠原工務店が考える「自分たちだけのこだわり設計」とは…

「あなたに合ったライフスタイル、及び毎日が楽しく生活できるように、
一緒に作り上げていく設計」
だと考えています。

それが篠原工務店にできること。

最後に、お客さまの家づくりが楽しく、幸せであるよう心よりお祈り申し上げます。

 

  続いてはコチラをご覧ください
遽蜴溷キ・蜍吝コ誉banner_02-04

 

 

無題ドキュメント