012:千葉県野田町 Tさま邸


【建設地】
 千葉県野田町
【お引渡し】 平成17年7月
【営業・設計・工務担当者】 篠原純一
【目指した家】 二間続きのある 檜の家

インタビューアー:社長、金久保(有)、社長の娘(Nちゃん(4歳))


 inter-k-06

一同:こんにちは!失礼します。

inter-k-01T様:あらあらNちゃん! 4歳になるとこんなに大きくなるのね。

社長:(リビングに飾ってある写真を指差して)N!これ誰だかわかる?

Nちゃん:Nだ!!


  一同笑う

T様:Nちゃん来るのわかってれば、お絵かき帳とか用意したのにね。

社長:Tさんもビックリして頂けるかと思って!
ねぇN、あそこに写真あるのビックリしたでしょ?

T様:でも、すぐわかったわね。Nちゃん、あれは何歳の時かな? 2歳??

社長:あれは、きっと2歳ちょっとですよ。
2歳で幼稚園入りましたからね。

Nちゃん:今度Mちゃん(※妹)2歳になるの!

T様:これねぇ(デーブルの上のひだまり通信を差して)私、届くといつも日付と何時頃届いたのか書いておくの。

社長:いつも大事にとって頂いて・・全部ですもんね。

T様:そうそう、これが63回。確か1回はおやすみでしたね?

社長:ウチの子がどうこうとか、こっちが忘れてるような事をTさんが覚えてたりしますからね。

T様:袋のままこう・・全部閉じてありますね。

社長:もうはじめて5年位になりますからね。

T様:チラシとか、入ってきたものも全部とってありますよ。

社長:これだけとっておいて下さると出している側もやりがいがあるね。

inter-k-02T様:今月はいつもより早いとか遅いとかね・・あらどうしたのかしらとかね(笑)
それとこれ、篠原さんで建てたときの最初から全部の記録。

社長:平成15年だと・・・2003年。最初は展示場でしたっけ?

T様:野田展示場ね。
その後、あたご駅の近くのH様の見学会で初めて社長とお会いして。

社長:そうそう、加藤部長が担当した和風のお宅でしたね。

T様:そこから、打合せとか社長からいつ電話が入ったとか、最近マメに来なくなったとかね(笑)

社長:そうですか・・!?(苦笑)
マメバス乗り継いで自宅の見学会来て下さった事もありましたね。

T様:そうそう。家は車が無いから、バスを乗り継いで行ったんですよ。

社長:関宿城入り口までしかバス来ないから、境大橋を歩いて渡ってきて下さったんですよね。

T様:どうしても社長の家がみたくてね。

社長:あれから、毎年写真にあるようにお花頂いちゃって。
今年はまだ咲かないんですか?

T様:今年は1ヶ月くらい遅いから・・ぼちぼちね。
今日はもうちょっとお天気良ければね。

社長:毎年、この子の誕生日頃に咲ききっちゃうような・・

T様:今年は寒いでしょ。だからなかなか咲かないのよね。
昨日は暖かくて咲いたの。日が当たると開くからね。

社長:私も日が昇る前に会社に出ちゃうんで、意外と咲いてるところ見ないんですよ(笑)

T様:今日もNちゃんにお花もっていってもらうからね。

社長:N、お花もらえるんだって。

T様:そしたら、Nちゃんお水あげて。

Nちゃん:うん!

inter-k-03社長:ほんとか・・? (笑)

社長:それでは・・いくつか質問を。えっとまず現在のお住まいの、住み心地とか感想を自由にお話しして頂いて。

T様:快適ですよ。玄関の和風の引戸。網戸が入ってるのがすごく良かった。
ドアよりも風だけでも入るしね。それと、これ腰板っていうんですか?

社長:ああこれですね。

T様:それも気に入ってるし・・もちろん柱も。
それと、キッチンの板張りもいいですね。
あと、階段もトイレも広いし、そういう感じですね。
和室の二間続き・・これはね、私の希望じゃなかったんですけど。

社長:これは旦那さんのご希望でしたよね。
その辺が気に入られて選んで頂いたって所も大きいですよね。

T様:一番最初に野田の展示場に行ったら気に入っちゃって。

社長:展示場と同じ4枚引込したんでしたね。

T様:東京育ちなので、どうしてもこういうのが気に入ったらしくて。

社長:今は二間続きの和室ってところは少ないですよね。

T様:実は全然使ってないんですけど・・・お客さんが来た時くらいしか(笑)
私は、天井が高くて圧迫感が無い所が気に入ってる。
しいて言えば、もうちょっと収納がね・・。
柱が太いでしょ?だから建売に住んでた時に入ってたのが納まらなくなっちゃって失敗したなと思ったの。
建売は柱が細いでしょ。
それに合わせたから、同じような茶箱が入らないんですね。

社長:なるほど。

T様:そこまで見通しがたたなかったのよね。

社長:そのサイドボードなんかは前からお使いになってたものですよね。

T様:そう。でもこれはちょっと中に入れるようにしたのですごく広く感じますね。

inter-k-04社長:(サイドボードの上に)廊下への明かり取り窓も取りましたしね。
旦那さんの趣味の切絵も上手に飾ってありますね。

社長:反対に、ここはこうしておけばよかったなとか無いですか?

T様:あります!

社長:ははは。

T様:実は、キッチン収納が欲しかったんだけど狭くて出来なかったんですね。
当初の予定だと、ほらここにカップボードあったでしょ。これは社長のミスでね・・(笑)

社長:土地に配置してみたら、入らなかったんでしたっけ・・・。

T様:和室を優先したからどうしてもね。

社長:ミスって言わないで下さいよ(笑)

T様:当時は、今みたいにパソコンで立体的に出るのとか・・・。

社長:パースですか?

T様:そうそう。ああいうの無かったし、今よりイメージつかみにくかったわね。

社長:建築中にこだわった点とか、苦労話とか何かありますか?

T様:建築中は、大工さんや職人さんと出来る限り接しようとして、近くの仮住いからお茶出しに来てましたね。
お茶菓子とか上棟式、地鎮祭とかそういうところで、あとで計算してみたら建物の1%位かかりました。
3000万だとしたら30万位。

inter-k-05社長:そうですか。
大工さんもお客様とやり取りの中で、そういうのは大丈夫ですからって言っても・・やっぱり皆さん気を使って頂いて。ありがたいですね。

社長:篠原工務店に対して一言ありますか?

T様:社長が震災の後すぐ連絡くれたでしょ?
震災後のその対応がすごくよかった。

社長:うちとしてもお電話させてもらった中で、30年40年前のお宅ってやっぱり作り方も違って瓦が落ちたりとか正直ありまして1週間くらいは屋根の上でしたね。

T様:すぐ電話もらって、本当に嬉しかったです。

社長:ああいう時こそ、本当に頼りにして頂いてるなって感じますね。
これでインタビューは終了です。ありがとうございました。

T様:こんな話でいいのかしら?

社長:十分です。最後にお花の前で写真を撮らせて頂いて。

T様:今日は天気良くて良かったね。
社長は雨男だからね(笑)

金久保:上棟は雨降らなかったんですか?

T様:上棟は雨になりそうだったので1日早く土曜日にしましたね。
お陰で雨は大丈夫だったんですよね。(笑)

社長:そうでしたね(笑) お忙しい中、インタビューありがとうございました!
   
inter-k-06

 

 

無題ドキュメント