001:茨城県猿島郡境町 Sさま邸

  【ご家族構成】ご夫妻、お子様
  【引渡年月日】 H17年12月23日
  【土地面積】 427.95 129.68坪
  【建物面積】 129.71m2  39.25坪
  【プランでこだわった点】
  限られた面積を有効に利用し、収納をたっぷり取る事。
  趣味のスペース(隠れ家的ロフト)を入れる。
  床にムクのカリン材を張り、風通しを計算した開放的なLDK。
  
  インタビュアー:篠原工務店 鶴見、篠原(純)

 

interview_s-1-1

 

鶴見:Sさん、こんにちは。引き渡してから約9ヶ月経ちましたが、新居の住み心地はどうでしょうか。

ご主人:前のアパートから比べてだいぶ広く、住み心地はいいです。台所なんかも広いので。(奥様に)台所を使ってみてどう?

奥様:うん、いい感じだよ。

鶴見:お子さんも歩かれるようになりましたね。

篠原:2階の子供部屋はどう利用されているんですか?

ご主人:まだ使ってないですね。

鶴見:もうちょっと大きくならないと・・・というところですかね。

篠原:まだみんな固いな(笑)まだインタビューはSさんのお宅が1軒目なんですよ。

鶴見:次に、建築中にこだわられた点ですね。私が一番印象に残ったのは、このオーディオ関係の置かれる位置なんかをこだわってらっしゃったな、と感じましたが、それ以外に何かありましたか?

ご主人:LDKの床にカリンのムク材を使ったことですね。ちょっとキズが付いてしまったけど(笑)。

奥様:結構キズが付くんですよね。

篠原:ムク材はフローリングよりも比較的キズが付きやすいですね。でも他のムク材からすると硬いので付きにくい方ですよ。

奥様:これでですか。

ご主人:住んでいればしょうがないよ。床だし。どっちにしろ、この子がいるから(笑)。

鶴見:お部屋のレイアウトといった点ではどうですか?動線など、検討されるときに何かこだわられたところは何かありしたか?

ご主人:なんだか・・・忘れちゃいましたね(笑)

篠原:2階の勾配天井とか。

ご主人:ああそうですね。ちょっと広めにしたり・・・。

篠原:あとはあれがこだわりだったんじゃないですか。ベランダの手スリ。

interview_s-2

ご主人:ああ(笑)手スリ。布団をいっぱい干せるように。まだ干せるもんね。

奥様:あとはロフト?

篠原:ロフトはラジコンの作り場になっているんですか?

interview_s-3

 

 

 

ご主人:ラジコンも置いてあります。ラジコンとパソコンの部品が。ロフトへ昇るハシゴは、はずしてとなりに架けてあるんですよ。子供が昇って危ないから。あと、そこの移動できる棚もいいですね。DVDプレーヤーを買ったんですけど、場所を気にすることなくいくらでも置けるので。

interview_s-4

奥様:そうだね。それから洗面所の収納ですね。

ご主人:そう。脱いだものを置いておけて、閉めちゃえば人に見られないからいつでも洗面所がきれいに保てる。

篠原:改めて(収納家具を)買ってきて置いておくのでは、上に埃が溜まったり地震の時なんかあぶないですからね。

奥様:洗剤なんかも全部入るんですよ。

ご主人:なんでもかんでも入っちゃう。まだまだ収納は余ってる場所がある。2階の押入も余裕があるし、キッチンも収納は多いよね。

奥様:吊戸の上の方はまだ使っていない。

ご主人:高くて届かない。でも低すぎても変だからね。

篠原:低いと圧迫感が出てしまうので。

鶴見:IHは使ってみてどうですか?

奥様:いいよね。火力がすごい!

篠原:アパートのときはガスでしたか?

ご主人:ガスでした。

鶴見:調理器具とかは全部、IH用で揃えたんですか?

ご主人:ええ揃えました。すごいよね今の機械っていうのは。食器洗い機なんて最高だよ。今もゴウゴウゴウゴウ。

奥様:すごい楽だよね。

ご主人:すごい楽。

篠原:毎日使います?

ご主人・奥様:毎日!

ご主人:(食洗機の)中もきれいなんだよね、実は。汚れるかな、と思うじゃないですか。食器洗っている時に回りも洗っているんですよね。最初のうちは、食器の入れ方がわからなくて、洗い残しがあったりしたけど、慣れてくると、すごくきれいになる。たまに俺もやるんですけど・・・。

奥様:手で洗うよりもきれいになる。

ご主人:あとあれが入っちゃうのが楽ですね。換気扇の、フィルターですか。あれをそのまま食洗機に入れちゃうと、すごい良く落ちるんですよ。手で洗うとベタベタが・・・。

篠原:ああ、落ちきらないですよね。

ご主人:食洗機って何であんなにきれいになるんですかね。高温で洗うから落ちるんですかね。

篠原:そうでしょうね。

ご主人:ただプラスチック系は入れると歪むよね(笑)。

鶴見:お子さん用の食器なんかは・・・

ご主人:電子レンジ対応のやつを買ったので大丈夫です。

interview_s-5

鶴見:あとはですね。これから家を建てる人へのアドバイスというか、おすすめする点がありましたら。

篠原:こうすればよかった、とか。

ご主人:「こうすればよかった」・・・。

篠原:それはあまりない方がいいんですけど(苦笑)。

ご主人:えーと・・・。

奥様::勝手口。

ご主人:勝手口、勝手口はあったほうが楽かな。あとは、そうですね、実際に住んでみないとわからないことはありますよね。コンセントがここら辺に欲しかった、とか。

奥様:階段に欲しかった。

篠原:階段というと、踊場あたりにですか?

奥様:掃除機をかけるのに、あれば便利でした。

篠原:なるほど。

ご主人:あとは、インターネットの配線をリビングまで引いてあるので、それは正解でしたね。最近の新しいテレビはインターネットがつながるので、配線をしておくとすっきりと使えます。

鶴見:あとは何か、気づかれた点などありますか?

ご主人:あとは何だろう?

奥様:あとは・・・満足してるよね。

ご主人:住み良いです。でも、あれだ。出来ればクローゼットを1階に作った方が良かったよね。朝起きて、寝室で着替えるのは着替えるんですけど、下に降りてきてから着替えることもあるんですよね。

奥様:みんなの着替えをまとめて下に持ってきて着替えたりするから。

篠原:ああ、お子さんが小さいうちはそうかもしれませんね。お子さんが大きくなったらどうですか?

ご主人:そう考えるとそうだよな。

篠原:もう1つ別に収納があったらよかったですか。

ご主人:そうかも知れないですね。2帖ぐらいでも。着替えられるスペースと、タンスが1つ置ければよかった。合理的に、洗面所に大きなタンスが置ければよかったかな、と思いますね。

鶴見:階段下収納はどんな使い方をしているんですか?ビールとか置いているんですか?

ご主人:いや、あんまり飲まないので、コタツ、ホットカーペーット、スノーボード、ベビーカーとかを置いていますね。

鶴見:そうか、季節外のものを入れたりしているんですね。

ご主人:押入に入らないものを入れています。

鶴見:・・・インタビューはこんなところでしょうか。

ご主人:あ、トイレも良かったですね。

篠原:トイレですか?

ご主人:ゆっくりできて・・・(笑)。トイレの棚(カウンター)が良かった。

奥様:本棚が欲しかったね。

鶴見:トイレに?

奥様:トイレに。

ご主人:それは人それぞれだから(笑)。

鶴見:以上でインタビューは終わります。どうもありがとうございました。

 

 

無題ドキュメント