品質管理部 部長 加藤 成男(かとう しげお)

構造のチェック、金物のチェック、仕上がりのチェック、そしてアフターメンテナンス。住まいづくりで非常に大切な仕事だと思って取り組んでいます。


002[所属・役職] 
品質管理部 部長
[名前] 加藤 成男(かとう しげお)
[誕生日] 昭和28年3月8日
[星座] うお座
[血液型] A型
[出身] 茨城県猿島郡境町
[入社年月日] 昭和47年
[資格・特技] 2級建築士、1級土木施工管理技士、ラジコンヘリ技能検定C級
[趣味・休日の過ごし方]
昔は子どもの部活を見に行ったりして応援することが楽しみでしたが、大きくなってしまいましたからね(笑)
今はラジコンヘリのローカル大会に参加しています。集中力が磨かれるのと、空を飛んでいるヘリを見ていると頭がスッキリしますよね。家でテレビを見ることも好きですよ。

■仕事内容を教えて下さい

衣・食・住の中の「住」ですから、大切な仕事ですよね。
お客さまに信頼を頂いて家を建てさせて頂く、喜んで頂くお仕事です。 

私は品質管理部の部長として、家の構造のチェック、金物のチェック、仕上がりのチェック、
あとアフターメンテナンスに絡めて家の経年変化による不具合がないかのチェックの仕事をしています。

担当する現場監督だけなく、私のような立場・目線でチェックする仕事は非常に大切な仕事だと思って取り組んでいます。

 

■この会社(業界)に入った理由はなんですか?

もう、篠原工務店も40年くらいになりますね。

IMGP4181始めは大工職人として入って、その頃は実家の農家も手伝っていたので両方ね、6、7年くらいやったのかなぁ。

その後30歳くらいになった頃、私も結婚したりなんだってあったので、一本化しようということで、そこからは篠原工務店一本で仕事をしています。

篠原工務店では、今のように展示場がいっぱいなかった頃、始めの頃は野田で営業兼工務として仕事をしていました。それがだいたい15年くらい。その後また大工の経験、現場の経験も活かせる今の品質管理の仕事に携わるようになりました。

 

■「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

そうですね、思えば篠原工務店に入ってここまで、あっという間でしたね。
そう思うと、今まで一度も暇だったなぁと思う日は一日足りともなかったですから、そうやって仕事を続けて来られたことは幸せですね。

あとは長年やってると家を建てて何年かしてまたリフォームの相談を頂いたり…
そういう瞬間かなぁ。

この前も30年前に家を建てさせて頂いたお客さまからのご相談があったんですけども、久しぶりに会ったんですが、お互いに覚えているんですよね。顔を見た瞬間打ち解けられて。そういうことって財産かなぁって思いますよね。

苦い経験もありますけどね(苦笑)
でも、それも今は財産です。

いずれにしてもそうやってOBさんから建ててからも安心してもらえる仕事をこれからもしてきたいですね。

 

■今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

今は若い方も入ってきて、部署ごとでやれるようになってきたのですが、昔は営業から工務まで全て一人でやっていましたから、軒数が増えれば増えるほどそういうメンテナンスが増えてきたりとかすると、正直手が回らないなぁって時も昔はありましたね。

でも今は、若い人だったりとかメンテナンス専任の人だったりが入ってきてくれているので昔に比べたらよくなってきたなぁと思いますよ。

 

■社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

趣味のカラオケですかねぇ。

みなさんうまいですけど、好きですね。
最近ですと鳥羽一郎さんの熊野灘などを歌っていますね。

会社の宴会とかでカラオケをする機会もあるのでその時はいつも楽しみにしていますよ。
そんな時にまたいつもと違った顔が見えるというか、好きですね。

 

■今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

特に若い人たちに向けてということかもしれないですけど、今は仕事が本当に忙しいですがもうちょっとゆとりも持てるようになってきて、また優秀な若い人たちが入ってくれるような環境ができていくといいなぁと思いますね。

そうすることで、今までのお客さまも安心してもらえるでしょうし。
もっと地域に根ざしていくというか、この町に篠原工務店の家ができていく楽しみを味わってほしいですね。

プライベートでは、世界一周旅行ですね。それも豪華に(笑)。

行きたいところは歴史のあるところ、ヨーロッパアメリカなどの熟成された国に行ってみたいですね。そういうものを見て改めて感じることもあるのかなぁなんて思っています。

まぁ、現実的なところでは家庭菜園ですね。奥さんと野菜を育てて、みんなで食事…なんてことを実現していきたいですね。

 

 

無題ドキュメント