干し芋

先日、お世話になってから約一年が過ぎました

境町の「研究開発施設」改め「S-La b」の点検に行ってきました!

 

 

皆さんこんにちは野崎です。

一年点検と言うことで、

何か不具合はないか、困っていることはないか🤔?

などなど中を見せていただきました。

 

点検の内容は専門的すぎるのでここでは割愛いたしますが(笑)

今回は干し芋の製作工程をちょっとだけ^_^

 

なんだかんだ施設が稼働してからは中に入ったことが無かったので

少しワクワクしながら長靴と滅菌キャップを装着して作業場の中へ!

 

早速見つけました👀!

干し芋の形はこうやってスライスされていたんですね!

この装置名前はあるんですかね?そもそも包丁じゃないんですね笑

こんな感じでスライスしたお芋が1枚ずつ綺麗に並べてありましたが

蒸したお芋は非常に柔らかいため、この手作業がとても大変との事😇

まだ何工程か隠されていそうですが最後は巨大な乾燥機で乾燥させると。

乾燥のさせ方も温度や時間などさまざまで、それによって味も変わってくると。

そういうこと だそうです。

 

日本一美味しい干し芋が開発されることを楽しみに待ってます😋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です