HINOKI DENSETSUリニューアル『開発秘話』その①

9月18日(土) 

HINOKI DENSETSU境モデルハウス

GRAND OPEN!!

 

HINOKI DENSETSU(檜伝説)境モデルハウスの

オープン日が決定しました。

オープンまでの間、この場で新檜伝説とモデルハウスに込めた想いを

御紹介させていただければと思います。

 

そもそもなぜ檜伝説をリニューアルすることになったのか?

まずはそこら辺の『開発秘話』からお話しさせていただきたいと思います。


 

【1】

檜伝説は、熟練の職人が手間暇かけてつくり上げる骨太の家です。

「三世代先まで笑顔で暮らせる家」というコンセプトのもと、

家づくりをさせていただいています。

 

茨城県古河市とつくば市の総合展示場内に構えるモデルハウスの大屋根の外観が特に人気で、

お客様には和風で高級感のある強い家、というイメージを持っていただいているようです。

 

おかげ様で、建て替え層のお客様を中心に多く選んでいただき、

檜伝説で家を建てていただいたお客様は約〇棟に上ります。

 

ところがこの5~6年、少しずつお客様が減ってきていました。

 

これは当社だけでなく全国的な傾向なのですが、

家を建てるお客様の年齢層が年々下がってきて、

土地から購入する方や、伝統的なスタイルよりもモダンなスタイルを好むような、

ちょうど「プラスセンス」や「COZY」を選ぶお客様が増えてきたのです。

 

檜伝説チームの中にも、低価格モデルにした方が売れるのでは?というジレンマが

なかったかと問われれば、「少なからずあった」というのが正直なところです。

しかし、使っている材料や大工さんの技術に自信をもっていますし、

何より、檜伝説を選んでくださるお客様はいらっしゃったので、

大きな仕様変更などはせずに、コツコツと檜伝説をお届けしてきました。

 

そんな中、「檜伝説」「プラスセンス」「COZY」「シノハラリフォーム」と、

ブランドが増えたこともあり、ホームページをリニューアルすることになりました。

 

リニューアルにあたり、あらためて檜伝説、とりわけ「檜の素晴らしさ」に向き合うと、

私たちは「あること」が引っ掛かりました。

 

それは、「目に見える部位に使用する檜」が少ない、ということです。

 

檜伝説は柱や土台といった構造部分に骨太で良質な檜を使った家なのですが、

「檜『伝説』」という商品名とは裏腹に、

内装部分に使用される檜の量はそれほど多くなかったのです。

 

檜は構造材としての素晴らしさはもとより、

内装材としても肌触り・見た目の美しさ・リラックス効果など非常にすぐれた木材です。

 

しかし内装材に檜を使用するかしないかは、お客様の好みやご予算に合わせて決まり、

まったく使わない方もいらっしゃるのが現状だったのです。

<つづく>

無題ドキュメント