三宅島からの贈り物

先日、私の机の上に大きなダンボール箱が届いていました。

送り主を見ると...三宅島。

数年前に寿退社し、三宅島へお嫁に行ったYさんから贈り物でした。

箱を開けると、あま~い香りに包まれます。

ジャ~ン、パッションフルーツ!

あしたばの味噌汁に、

牛乳せんべい!

三宅島の特産品がづらり...皆で分けて美味しく頂きました。

後でお礼の電話を掛けると、観光協会に勤める彼女いわく

三宅島も観光客が激減し、島の経済も大きな打撃を受けており

ネットなどでもお取り寄せ出来るのでぜひ宣伝して下さい。

とのことなので、取り上げさせて頂きました。

Yさん、ご馳走様でした。

実家へ帰ってきた際には、また遊びに寄って下さいね。

 

2年ぶりの授業

2年ぶりに境特別支援学校の木工の授業に参加してきました。

なんと...今回は、自転車置き場の屋根の下で授業。

照明もバッチリ設置されています。

コロナ禍ですが、先生方も色々と感染対策を考えて

授業を行っておられました。

ノコギリの使い方、

釘打ち、

やすりのかけ方など、皆さん真剣に大工さんの話に耳を傾けていました。

久しぶりに、生徒さんや先生方のイキイキとした笑顔を見ることが出来ました。

こんな風に、少しずつ日常が戻ってきてくれると嬉しいですね。

家づくり勉強会

ゴールデンウィーク中の5月1日(土)、

初めての「家づくり勉強会」を開催させて頂きました。

営業、設計スタッフが中心になり、

家をつくるにあたって、お客様が特にお悩みになる

3つのセミナーをご用意させて頂きました。

1、土地選び方セミナー (上田所長)

2、資金計画セミナー  (菅谷部長)

3、間取プランスタートセミナー  (久野主任)

初めて講師に少々緊張気味なところもありましたが、

参加されたお客様にも大変ご好評を頂きました。

若手社員も後方で真剣に聞き入っていました。

(次は、講師を務めるかもしれません(^^)/)

今後、定期的に「家づくり勉強会」を開催させて頂きます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

木造大空間も可能に!

先日、ナイス(株)のウッドビルディングショーを見学してきました。

コロナ禍なので密を避け、一日に3回程に分けての予約限定の開催となりました。

こういったトラス構造や鉄骨との混合梁を用い、

今まで不可能だった大空間の木造建造物を建てることが出来ます。

(補助金の活用なども出来るようです。)

早速、ご相談を頂いている物件があるので

ご提案してみたいと思います。

入社と退社

4月になりまして、当社にも新たな仲間が加わりました。

マスク姿ですが、大庭聖生(イブキ)君です。

工務部配属となりました。

まずは、現場で沢山のことを学んでもらいたいと思います。

そして、寂しいことですが、当社で51年勤務してくれた

菅谷守男棟梁が退社されました。(66歳)

本当に長い間、会長の代から苦楽を共にしてくれた戦友が

一人離れていくような気持ちです。感謝状を贈呈させてもらいました。

1年目となる大庭君への励ましと、勤続51年の菅谷棟梁へ

皆から一言ずつ...

25年近く弟子として一緒に頑張ってきた木村棟梁の口からは、

「ただただ...感謝しかありまえん。」の声も言葉になりません。

コロナでしばらく自粛していましたが、

新人と大先輩に対して、菅谷部長からエール送ってもらいました。

少々しんみりしてしまった入社式でしたが、

当社らしい魂の引継ぎが出来ました。

~おまけ~

コロナで懇親会も出来ませんので...

心ばかりですが、常陸牛を贈呈させてもらいました。

(家族でお祝いをしてもらえればと思いまして...)

長年の労を労って、菅谷棟梁と常務に

高嶋部長は、還暦祝い。

野崎、中島君、長谷川君、西宮君(予定)に

入籍祝い&一級大工技能士(中島、長谷川、西宮)の合格祝い!

皆、ありがとう&おめでとう!

お茶で社会貢献

今朝の読売新聞の茨城版に、店舗と住宅の工事を

お世話になった日本茶製造販売会社「ネモト」さんの

記事が掲載されていました。

コロナ禍で社会貢献、医療従事者の方々に

抹茶入り粉末スティック1万本を寄付されるそうです。

4月からは、ハワイでお茶の移動販売を始められ、

売り上げの一部をハワイ州に寄付されることも

検討されているそうです。

先日、お店に伺った時もハワイでの事業に関して

熱い想いを語って頂きました。

社会貢献、新事業、コロナを吹き飛ばす勢いで頑張って頂きたいと思います。

私共も負けてられない!元気を頂きました。

6年ぶりに復活!

店舗兼用住宅の新築工事をお世話になった地元境町のかどやさんです。

煮イカと焼きそばが有名で、昔から地元の方達に愛されてきたお店です。

お店も新しくなり、1月24日(日)めでたく開店、6年ぶりに復活しました。

当日、お邪魔してみると…お客さんとお祝いのお花で一杯でした。

煮イカや焼きそばも間に合わないほどの盛況ぶりでした。

会長も大好物なんですが、久々に頂いた煮イカも

柔らかくて本当に美味しかったです。

かどやさん、開店おめでとうございます。

今後とも末永く宜しくお願い致します。

日曜日の作業場

日曜日の作業場に、作業をする中島君と西宮君の姿がありました。

寒い中、1級建築大工技能士の課題の練習中でした。

因みに、長谷川君は、この日学校へ通っていました。

課題の完成品は、こちらになります。

屋根の隅っこの部分で、隅木と言います。

もうすでに幾つも造られていましたが、なかなか時間内で

正確に造るのに手間取っていました。

こちらを5時間30分の時間内で、

製図~木ごしらえ~墨付け~刻み~組立てまで行います。

柱の直角具合、桁はしっかり90度か、材料の芯墨が合っているか、

仕口同士の胴付きに隙間が無いかなどをチェックされます。

試験は、もうすぐ…ガンバレ若手大工達!

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

今年は、コロナ禍ということもありまして、例年とは違う特別な年でございますが、

皆様のご多幸とご健康を心よりお祈り致します。

さて、私共の仕事始めは、1月5日(火)、早朝8時(いつも一番乗りです。)から

いつもの年と変わらず地元境町の香取神社さんで社員皆で安全祈願をし、スタート!

そして、令和3年のスローガンは、こちら

「震災後10年 絆を大事に

お客様一人一人に寄り添う家づくり」

今年の3月11日で、東に本大震災からちょうど10年を迎えます。震災の翌日から

瓦が落ちた屋根の修理や応急処置でブルーシートをかき集め、余震が続く中、社員

総出でお客様の家の屋根に上り続けたことを今でも覚えています。

 

あの震災からの復興が、成し遂げられたかというとまだまだ程遠い気はしますが、今

から10年後に「あの頃は、コロナで大変だったな…。」と、コロナを克服しているこ

とを願いつつ、お客様お一人お一人にしっかりと寄り添いながら、今出来ることにコ

ツコツと前向きに取り組み、皆様と絆を深める一年となるよう努めて参ります。

 

毎年、恒例年初の社員の抱負、意気込み… 

何名かご紹介させて頂きました。

本年もどうそ宜しくお願い致します。

メッセージに励まされます。

境特別支援学校中学部の木工班の皆さんから

メッセージを頂きました。

「コロナに負けずに頑張って下さい。」

「来年会えるのを楽しみにしています。」

などなど...

コロナ禍ではありますが、

生徒の皆さんから前向きな励ましの言葉を頂き、

すごく元気になりました。

来年は、ぜひ木工教室を一緒にやりましょう!

メッセージありがとうございました。